肌荒れやニキビに悩まれたら皮膚科へ

カテゴリー

新しい記事

nikibi

ニキビ

ニキビとは顔や体にできる皮膚の炎症の事である。思春期に…続きを読む

hadaare

肌の乱れ

肌荒れとは、体のどの部分であれ皮膚の部分が赤みを帯びた…続きを読む

概要

tiryou

皮膚科とは、顔や手足・体全体・口の中の肉眼で見える範囲や、さらに皮膚の付属器として爪や髪の毛などに関する皮膚の病変がある疾患を取り扱う診療科である。

皮膚は外界からの刺激や体内の疾患の反映など、様々な原因に微妙に反応し、病変を生じる。

体内の疾患の例をあげると、肝臓の機能が悪くなり皮膚に色の変化が現れる黄疸(皮膚が黄色くなる)や、
ウイルスに感染したために発症する水虫やヘルペス、または精神面が不安定だと起こり得るといわれている円形脱毛症など皮膚は全身のバロメーターともいえる。

また、ひとえに皮疹といえども単発発生・多発発生であったり、円形・楕円形・蛇行など形態も隆起の状態も違う。
それを見極め診断するにも皮膚科医にはもっとも視診が重要といえる。

 

治療法

hospital

まず患者が来院したら、皮疹や発赤などを発症した誘因(食事・薬剤・季節・物理的刺激など)、既往歴や家族歴、遺伝性の疾患などの有無を問診する。
以上の、エピソードを入念に聞き取り視診・触診・各種血液検査や顕微鏡検査などで診断を下し治療にうつる。

一般的な皮膚科治療としては大きく二つに分かれ、直接軟膏薬やクリームなどを病変部位に塗布する局所療法と、全身療法と呼ぶ抗アレルギー薬やステロイド薬、抗菌薬を経口的に服用する方法がある。
その他にも、色素性疾患に対するレーザー治療や、赤外線を照射し血行促進・体温上昇を促す光線療法などがある。

悪性腫瘍やホクロ・イボの除去、ケロイド、脂肪腫の除去などには外科手術を伴うこともある。

これからの皮膚科学

近年皮膚の研究において急速な成長を遂げている診療部門として、美容皮膚部門が注目をあびている。
2008年より、学会でも美容皮膚科・レーザー指導専門医の認定医制度を開始し自由に標榜することを認めた。
美容皮膚科ではニキビ治療はもちろん、シミ・しわ・毛穴の黒ずみ、アンチエイジング等のに関する悩みを対象に治療を行っている。

治療内容としてにハリをだすためのヒアルロン酸注射やレーザーを使用しての脱毛、ニキビ跡に対してケミカルピーリング(薬剤を塗り皮膚を剥がして再生を促す方法)など多種多様である。
アンチエイジングを行うことによって加齢へのストレス、ニキビ跡の改善によって自分に自信がもてる、など精神にも作用することが期待されているが治療料金は自由診療となるため高額になる場合もある。


おすすめリンク

水虫に効く薬をお探しならこちらで見つかります|:水虫薬一筋の大源製薬

注目記事

nikibi

ニキビとは顔や体にできる皮膚の炎症の事である。思春期には男女問わず出来る事が多く、10代の方むけの洗顔料などが出ており、こういった…続きを読む

ニュース

2013/10/15
ニキビを更新しました
2013/10/15
肌の乱れを更新しました

Copyright (C) 2014 肌荒れやニキビに悩まれたら皮膚科へ All Rights Reserved.